群馬大学神経科学グループ 脳研究統合フォーラム
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
アクセス・お問合せ

イベント・研究会

イベント・研究会 記事一覧

第63回脳神経発達統御学セミナーのお知らせ

8月17日(木)に、Clive Bramham先生(University of Bergen、ノルウェー)のセミナーが開催されます。Bramham先生はシナプスの可塑性・記憶におけるArcの役割を分子レベルで明らかにする研究を行っております。教室の教員や大学院生の方々へご案内していただければ幸いです。

タイトル: The Arc of synaptic memory
日 時:   2017年8月17日(木) 16:00~17:00
場 所:   基礎大学院講義室(基礎研究棟西側2階)

皆様のご参加をお待ちしております。

掲載:2017/07/18

PAGETOP

基礎連続講義のご案内

11月26日(土)~27日(日)の日程で、基礎大学院講義室で脳神経発達統御学講座担当・基礎連続講義が開催されます。

その中で26日(土)17:30より、小泉修一先生(山梨大学)によるご講演「脳機能制御における反応性アストロサイトの新しい役割(A new role of reactive astrocytes in regulation of brain functions)」が開催されます。

皆様のご参加をお待ちしております。

掲載:2016/11/22

PAGETOP

第61回 脳神経発達統御学セミナーのお知らせ

8月29日(月) 13:00から臨床研究棟8階大学院セミナー室で、猪山慎治 先生(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生命システム医学専攻)によるセミナー「肺腺癌の新規胎児性癌マーカーとしてのDrebrin」が開催されます。皆様ふるってご参加ください。

61Neuroscience seminar

 

掲載:2016/08/29

PAGETOP

林(高木)朗子先生のセミナーについて(追加情報)

シナプスパソロジーに着目した新規精神疾患創薬標的の探索

群馬大学・生体調節研究所・脳病態制御分野・教授

林(高木)朗子

 

 1999年に精神科研究医として三國・福田両先生のもとで臨床研修を開始したのち、精神疾患の病態生理の多くが不明であることに衝撃を受けた。分子レベルの理解をする精神科医が居ても良いだろうという漠然と考え、分子生物学に軸足を置いた疾患研究をはじめた。そのなかでも統合失調症とグルタミン酸作動性シナプスの関連について興味を持ち、シナプスが有力な創薬候補であることを報告した(Hayashi-Takagi A et al, 2010, Nat Neurosci, Hayashi-Takagi A et al, 2014, PNAS)。当日は、シナプスと精神疾患病態との関連についての我々の研究や、シナプス機能解明に挑戦するための最先端技術(Hayashi-Takagi A et al, Nature, 2015)などをご紹介する。

掲載:2016/06/03

PAGETOP

林(高木)朗子先生セミナーのお知らせ

林(高木)朗子先生のセミナーを6月16日(木)午後6時〜7時に開催いたします。会場は臨床中講堂です。
セミナー終了後、石井ホールで歓迎会・懇談会を開催したいと思います。
会費は3000円を考えております。教室の方にもお声を掛けていただき、参加人数を取りまとめて6月3日(金)までに、石崎(yasukiishizaki@gunma-u.ac.jp)までお知らせいただければ幸いです。
懇談会費は当日会場までお持ちいただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

 

 

掲載:2016/06/02

PAGETOP

第59回脳神経発達統御学セミナー(本日開催)のお知らせ

マニトバ大学のTabrez J Siddiqui先生による「Molecular mechanisms of cell-selective synapse development」というセミナーが3月25日(金)(本日) 17:00~18:00 基礎大学院講義室(旧基礎小講堂)で第59回脳神経発達統御学セミナーとして開催されます。ふるってご参加ください。

An LRRTM4-HSPG complex mediates excitatory synapse development on dentate gyrus granule cells. Siddiqui TJ, Tari PK, Connor SA, Zhang P, Dobie FA, She K, Kawabe H, Wang YT, Brose N, Craig AM. Neuron. 2013 Aug 21;79(4):680-95

LRRTMs and neuroligins bind neurexins with a differential code to cooperate in glutamate synapse development. Siddiqui TJ, Pancaroglu R, Kang Y, Rooyakkers A, Craig AM. J Neurosci. 2010 Jun 2;30(22):7495-506. doi: 10.1523/JNEUROSCI.0470-10.2010.

掲載:2016/03/25

PAGETOP

BSI Summer Program 2016のお知らせ(締切:2月29日)

理研脳センターでは次世代の優秀な神経科学研究者を育てるべく、毎年サマープログラムを行っています。今年のテーマは”Staking, Making and Breaking Circuits”、開催期間は6月20-24日(レクチャーコース)、6月15日―8月10日(インターンシップ)となっております。

 

詳細は以下のサイトをご参照ください。参加申し込みの締め切りは2月29日です

http://www.brain.riken.jp/en/summer

掲載:2016/01/27

PAGETOP

世界脳週間行事

世界脳週間行事(群馬大学)が4月29日に開催されます。ポスターはこちらから

掲載:2015/04/17

PAGETOP

ISN 2014 Special Conferenceのプログラムが完成しました。

9/20-22に東京大学弥生講堂にて開催されるISN 2014 Special Conferenceのプログラムが完成しました。

ISN 2014 Special Conference -Program at a Glance

掲載:2014/08/27

PAGETOP

国際シンポジウム“Key molecules for neuronal maturation”のお知らせ

国際シンポジウム“Key molecules for neuronal maturation”のお知らせ

 

ISNsatelitefinal-flyer

2014年9月23日に国際シンポジウムとして“Key molecules for neuronal maturation” -Application for validating the maturation of human iPSC-derived neurons-が、東京大学弥生講堂(http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/map.html)で開催されます。このシンポジウムはISNスペシャルカンファレンス2014のサテライトシンポジウムとして開催されます。参加料は無料ですので、気軽に参加してください。

詳細プログラムSatelite program

 

掲載:2014/08/06

PAGETOP

第5回国際放射線神経生物学会大会

第5回国際放射線神経生物学会大会

日程: 2015年2月21日(土)

会場: 高崎シティーギャラリー(アクセス

 大会長: 平井 宏和(群馬大学医学系研究科神経生理学分野)

 

 <追記>

大会ホームページを公開しました。

https://sites.google.com/a/gunma-u.ac.jp/isrn5/

・演題募集期間(ポスター発表)

2014年7月1日~2014年12月31日

 

※お問い合わせは神経生理学(内線: 7934)までお願いします。

掲載:2014/07/11

PAGETOP

世界脳週間プログラム 「脳への挑戦」

日時:2014年7月19日(土)

場所:群馬大学昭和キャンパス アメニティモール2階 アメニティ講義室

プログラムはこちら

掲載:2014/04/04

PAGETOP

第58回日本神経化学会大会 (2015)

第58回 日本神経化学会大会

日程:2015年9月11(金)-13日(日)

会場:大宮ソニックシティ

大会長:白尾智明(群馬大学)

若手育成セミナー 世話人代表:石川保幸(前橋工科大学) 副代表:石塚佑太(群馬大学)

掲載:2014/04/02

PAGETOP

6th ISN Special Conference

6th International Society for Neurochemistry (ISN) Special Conference

Date: September 20-22, 2014

Venue: Yayoi Auditorium, Ichijo Hall/Annex, The University of Tokyo.

Conference Chair: Katsuhiko Mikoshiba

LOC chair: Tomoaki Shirao

 

日程:2014年9月20日(土)-22日(月)

会場:東京大学弥生講堂 一条ホール/アネックス

大会長:御子柴克彦

実行委員長:白尾智明

 

掲載:2014/04/02

PAGETOP

第37回日本神経科学学会 (Neuroscience 2014)

第37回日本神経科学学会 (Neuroscience 2014)

日程: 2014年9月11日(木)~13日(土) Thur. Sep. 11 – Sat. Sep. 13

会場: パシフィコ横浜 Pacifico Yokohama (access)

大会長: 高橋 良輔 (京都大学大学院医学系研究科)

 

演題募集が4月30日までです (link)。発表される方は忘れずに登録して下さい。

掲載:2014/04/01

PAGETOP